Joe Mc is a designer who specializes in Knit.
He searches the material in the best quality across the world,
then work with yarn spinners, knitwear manufactures and hand knitters in Japan and England.
His aim is not only to produce the high quality knitwear
but also to make consumers happy with variety of potentials of Knit at down to earth prices.

ニットウェアデザイナー Joe Mcは、世界中から集められ国内で紡績された最高級のニット素材を使用し、
貴重な国内ニット工場や職人との連携でニットウェアコレクションを製作しています。
また、セカンドホームであるイギリスでハンドニット、マシンニットのアイテムを製作することで
まだ見出されていないニットウェアの可能性を国内外に発信しています。

Brands

comm. arch.

comm. arch. is a Japanese Men’s knitwear brand started from 2014AW. The brand is directed by Joe Mc and its collection is made by Japanese BORN KNITTERS across Japan.

2014AWからスタートしたメンズニットウェアブランド。Joe Mcのディレクションにより、日本各地の”BORN KNITTERS”(生まれながらのニッター)の手でコレクションが作られている。

H. ROBINSON KNITTING

A small family business, H. ROBINSON KNITTING MILLS was closed in early 80’s in North England.

イギリス北部で80年代初頭に閉鎖した、家族経営のニットメーカー、H.ROBINSON KNITTING MILLS。

Craftsmen

現在の日本のニット生産国内自給率はわずか1%未満とも言われています。
Joe Mcはたったひとりの会社です。
しかし、ニット専業メーカーの使命として、国内に現存するニッターを一軒一軒訪問し、
製作 協力を得てコレクションを製作しています。
そうすることが、熟練の職人たちの廃業をくい止める唯一の手段だと考えています。
現在は、家庭で数十年に渡り手編み商品を作り続けるニッターから、
家族経営のちいさな工場まで、日本各地のニット職人に数型ずつ製作を依頼しています。
ものづくりの国から職人を絶やさぬために。

Nowadays, it is said that the domestic self-sufficiency rate of knitwear in Japan is less than 1%.
I run Joe Mc ltd. on my own. However, for my own mission as a knitwear maker,
I visit existing knitwear manufactures across Japan one by one to ask for
their cooperation to create my own collections.
I think that it is the only way to stop them going out of business.
Now I ask a lot of knitters across Japan to knit a couple of styles each,
for example, hand knitters who have been working at home for years,
small knitwear factories ran by a family etc.
To hold back the skillful craftsmen in our creative country.

Information